コヤマナオコ公式ブログ/たらりら喫茶


たらりら検索する
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
PC official site
HPコヤマナオコのにじいろ横町


LINKS
<< 地震から一週間、わたしたちは。 | main | 変化する時代と、変化するわたしたち。 >>
赤ちゃんの紙オムツがなくて困っている被災地の方々へ

被災地での物資の不足や、避難所生活で、
赤ちゃんの紙オムツが足りなくて困っている
という被災地の方々の声を、たくさん耳にしました。

2日も同じオムツで過ごしている、おむつかぶれがひどくて…など。

食糧や援助物資が、なかなか届かず、
届いても満足な数量は行き届きそうもない。
これからも、しばらくはそんな状態が続くかもしれない…と考えたら、
とても不安だし、どうしたらいいかと途方に暮れてしまう思います。

できることなら、普段と同じように
赤ちゃんをお世話をしてあげたいと思います。
参考になるかはわかりませんが、
ふだんは冷えないようにおむつやパンツを着けますが、
排泄時にトイレやおまる、バケツなど
できるだけおむつの外でおしっこやうんちをさせる
「おむつなし」という方法があります。

実は、うちのもうすぐ3歳の息子も、おむつなし育児で育てました。
首の座らない生後すぐの赤ちゃんでも、
実はちゃんとおむつの外で排泄できます。
タイミングをみてささげて、シーシー、ウーンなどと
声をかけてあげるだけです。
上手くいかないことももちろんありますが、
それでも、ゴミや洗濯物が減らせるので
貴重な物資や水の節約にもなると思います。
何より、衛生的です。
おむつかぶれも減らせます。

赤ちゃんはおむつでするもの、という常識を一度捨ててみると、
ほかにもいろいろな方法があるかもしれません。

女性の生理に関しても応用できます。
経血をできるだけ意識してトイレに捨てるようにします。
月経血コントロールといいます。
わたし自身、布ナプキンを併用しながら、
自分の生理時にはそのようにしています。

被災地や避難所での生活は、想像以上に過酷なものだと思いますが
どうぞ、希望を持っていただけたらと思います。
わたしも現在妊娠5ヶ月、子育て中の身。
わたしたちも、同じ日本に暮らすものとして、
今わたしたちにできることをしていきたい、と思っています。

もし、この方法が参考になれば、幸いです。


*おむつなし育児のmixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3890462

*おむつなし育児HP
http://www.omutsunashi.org/

| life | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメントありがとうございます☆彡
コメントする
※サイトの内容に不適切なコメントは予告なく削除させていただくことがあります
                                
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanaironao2.net/trackback/1171990
トラックバック