コヤマナオコ公式ブログ/たらりら喫茶


たらりら検索する
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
PC official site
HPコヤマナオコのにじいろ横町


LINKS
<< 出雲旅行、いい旅でした。 | main | タイミング。 >>
暮らすことのいま。
仕込んだものたち
twitterでもちょこちょことつぶやいてるけど、
週に1回、マクロビオティックの勉強で恵比寿に通いはじめました。

2年まえのちょうど今頃のわたしは、
わたしが何を食べても、そのおっぱいを飲んだおまめのほっぺに
プチプチが出ちゃうので、途方にくれて、
すごーーーく悩んでしまって、
頑なになってしまってたの。

あと、子育てを通して見えてきた現代の食べものの汚染と本質、
環境問題のこと、現代生活の矛盾。
現代医療や予防接種の常識がじつは常識じゃなかったかもとか、
それこそ、いままであたりまえだと思っていたことが、
ぜんぶあたりまえじゃなかったんだ?っていうような。
そういう経験に直面することがいっぱいあって。
あまりにもショックで、未来はどうなっちゃうんだろうって、
不安でいっぱいになっちゃってました。

その不安に押しつぶされそうになって、
ああでもないこうでもないって頑張り続けるうちに、
プツリと心の糸が切れてしまって。
このわたしがすでにすごいやせちゃってたし(笑)
体調も崩してしまい、
人生最大に、わたしドン底だわ状態。
家族や友達に支えられて少しずつ復活するなか
歌うと決めて去年の夏にネクストサンデーさんで
活動を再開してから劇的に復活していまにいたりますが、
当時はつらかったわ。

そんななかでも食べものに対する疑問はいろいろあって
本読んだり独学したけど、それだけじゃ解決できない。
そこらへん、どうしてもクリアにしてから
2人目とか3人目とか産みたいと思い、
マクロを勉強したかったんです。

マクロビオティックでは、
動物性食品をとることをあまりよしとしないので
「理想のためにはこうでなければならない」って、
あれもだめこれもだめ。そう思っちゃうことってありがちで、
わたしも2年まえは典型典型的にそんな感じだったけど。
いまは、それは違うと思うようになってきました。
それらをとらないと楽だなーとか、ハッピーだなーとか、
そういう実感があるなら、ナチュラルに取り入れていけるはずなんだよね。
その結果、気づいたらお肉いらなくなってました、とか。

ようするに、それが良いと言われているから辛いけどする。
「ねばならない」からそうしてるっていうのでは、
自分は自然体じゃないから、無理が生じてる。
それじゃ、いつかはもうやーめた!ってことになっちゃうか、
自分の考えを正当化するために、耐えず反対因子にぴりぴりして、
排他的になったり、不安にさいなまれたりしちゃう。
自分が心から楽しめてて、リラックスできてるかどうかっていうのが
何をするにしても、とっても重要なんだなぁって。

それに、ちゃんと心をひらいてカラダで感じていくと、
ひとは正しい方向に導かれていくとおもうのです。

何かを極めたい、とおもうならば、
その域までいくこと。
なんだろうな。
なんでも、いい状態のものには余計な力やものはなくて
ゆるりとして
軽やかで
でも、どっしり。

うむ。まだまだだわ。
謙虚にまなびたいとおもいます。


| macrobiotic | 01:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメントありがとうございます☆彡
そうなんだよね! まさに、私も今のテーマが、りきまず!なの。
力を入れる事=頑張る事が、美徳みたいな感覚が、しみついてるから、本当、力を抜くのって難しい。

でも、そんな事を考えていたら、ふらや、お水や野草の事など、脱力アイテムみたいなご縁を沢山頂いて、ちょっと、楽になりました!

お互い、成長を楽しみましょうね♪
| kazupon | 2010/07/23 5:54 PM |
うん!

あたまでっかちっていうけど、
ほんとあたまで考えてるうちは堅いんだよね。

自分の肩の力が自然にぬけるもの、
無理せず生活に自然に馴染むもの、
それを取り入れていけばいいんだなとおもうわ。

| コヤマ | 2010/07/24 10:46 AM |
コメントする
※サイトの内容に不適切なコメントは予告なく削除させていただくことがあります
                                
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nanaironao2.net/trackback/1171983
トラックバック